リーダー研修は必要なの?

会社で働いている人の構成が昔と比べると随分と変化してきました。

中途入社の人材の採用が増えて、年功序列の構造が壊れています。

派遣社員・パート社員・アルバイト社員と社員の形態が増えたので、グループ分けが必要となり。

統率がとりにくくなっています。

このように会社内の人事的土壌が変化をしている中で、「リーダー研修」

は、バラバラになっている会社の人事的土壌を、耕し直して、新しい風土を根づかせる為には、とても役に立つ研修であると思います。

従来の主任・係長・課長・部長という階層型の組織割では、現実の仕事を行う上で支障が発生して、横断的な「プロジェクトチーム」

という組織が必要とされ、それを統率する「リーダー研修」

が必要とされているようです。

古い会社の体質だけでは、変化の激しい消費者やユーザーに対応できない状況に気が付いた会社ほど、リーダー研修を行っているように思えます。

高齢化・少子化等で日本の社会構造が変化しているのですから、企業も同じように変化が必要と思います。

私は専門技術職を長く経験しているので、人事分野での研修には参加したことも、呼ばれたこともありません。

「リーダー研修」

と聞くと、強いリーダーシップ能力を獲得する為の研修のように聞こえますが、実際は、それだけではないと思います。

一つは、主任・係長・課長・部長といった縦割り階層型の組織では、派遣社員やアルバイト・パート採用による社員の多様化に付いていけないのだと思います。

時代の社会現象のほうが先行して、先へ先へ進んでいるのに対して、昔ながらの人事組織では、人材を管理して動かす事が出来なくなってきているのでしょう。

社外研修というものは、そこに新しい習慣やルールを導入する時には、強力なツールとなると思います。

社外での研修を企画・実行している企業は、数多く誕生し、その成果も目に見えるようです。

リーダー研修を開催している企業はこちらを参照して下さい。

リーダー研修で成果を出す

費用等もかなり異なる様ですが、その成果も異なる様ですね。